バイアグラが効かない!そんな人でもカマグラゴールドを飲んでもいい?

ED治療薬の代名詞と言っても過言ではないバイアグラ。

1998年に世界初のED治療薬として発売されてから今にいたるまで、多くのED男性を救ってきました。
しかし薬には相性があり、すべての人にバイアグラは効き目を発揮してくれるのかと言われると、必ずしもそうではないようです。

バイアグラを飲んで効果が出ず、意気消沈してしまった男性が通販でカマグラゴールドを購入し、再起を図る場合もあります。

バイアグラが効かない人に、カマグラゴールドは効果を発揮するのでしょうか?

バイアグラが効かない人にカマグラゴールドは有効?

バイアグラが効かない人にカマグラゴールドは有効?

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは先発薬(この場合はバイアグラ)と同じ有効成分で作られている薬を指します。
そのため、先発薬と効果効能、副作用まで同じです。バイアグラとカマグラゴールドの有効成分はシルデナフィルという成分。
バイアグラが効かなかった場合、カマグラゴールドでも効果を実感できない可能性が高まります。

効果がなかった時に見直したいこと

シルデナフィル系のED治療薬で思ったよりも勃起不全が改善しなかった場合、いくつかのポイントを見直してみましょう。

以下をチェックし、もしもそれを実行していない場合は再チャレンジの余地があります。

摂取量は足りている?

カマグラゴールド摂取量

日本の法律で定められているシルデナフィルの最大量は50mg。よって病院でバイアグラを処方してもらった場合、シルデナフィル50mgが限界という事になります。

実は海外製のバイアグラの場合はシルデナフィルの含有量100mgが最大です。
なぜなら欧米の人は体格が大きいため、成分の量もそれに見合っていなければなりません。

日本人は比較的小柄であるため、25mg~50mgでも十分に効果は発揮されます。しかし肥満体質の人、体格が大きな人であれば薬が効きづらい可能性が。そうじゃなくても元々の体質からなかなか薬が効いてくれない人もいるでしょう。

もし50mgの錠剤で効果がなく、かつ副作用が気にならなかった場合は摂取量を増やすのも一つの手段です。

カマグラゴールドの通販であれば、1錠あたりのシルデナフィル量が100mgの錠剤を購入できます。

シルデナフィルの1日の最大摂取量は100mgまでとなっているため、これを超えない限りは量を調整しての服用が可能です。

正しい飲み方している?

シルデナフィル飲み方

正しい服用方法のもと摂取しているかどうかも見直しのポイントです。

有効成分のシルデナフィルは腸で吸収されるため、空腹時に摂取しなければ効果が激減してしまいます。
食後に服用すると食事の油や未消化の食べ物が腸で膜を張り、成分が吸収されるのを邪魔してしまうからです。

食後2時間以上経過していれば服用しても問題ないとされていますが、時間を開けていたとしても、脂質の多いメニューを食べていた場合は、やはり成分が吸収されない原因となります。

またアルコールも効果を妨げる原因となるでしょう。脳からの勃起指令がアルコールによってマヒし、ペニスに伝わりづらくなるためです。

薬の効果を発揮するためには、以上のポイントをしっかりと押さえておく必要があります。

どうしても効かない場合は諦めずに他の薬も試してみよう!

もしもそれでも効果がない場合は、諦めずに他の治療薬を試してみましょう。
バイアグラやカマグラゴールド以外にもED治療薬いくつかあり、海外製であれば通販も可能です。
シアリス系やレビトラ系といった有効成分が異なる薬をつかってED治療をする手段を検討してみましょう。