カマグラゴールドやバイアグラはアルコールに気をつけよう!

カマグラゴールドやバイアグラはアルコールに気をつけよう!

カマグラゴールドはバイアグラと同じ有効成分シルデナフィルから出来ているED治療薬。
これらのED治療薬を飲むとき、「飲酒してもいいかな?」と疑問が湧く人もいるでしょう。

カマグラゴールドのようなシルデナフィル製剤は、お酒と一緒に摂取しても大丈夫なのでしょうか?

カマグラゴールドとお酒を組み合わせると起こる事

カマグラゴールドとお酒を組み合わせると起こる事

カマグラゴールドとお酒と組み合わせると、双方の作用が増強されます。

カマグラゴールドを飲むと血管が拡張され、血流が増幅。
その作用によりペニス周りの血管が広がり、たくさんの血液がペニスへ流れ込み勃起サポートしますが、血管拡張・血流増幅の作用はペニス周りだけでなく、全身に及びます。

そしてお酒を飲むと身体が熱くなったり、赤くなったりしますね。これもカマグラゴールド同様、血管が拡張され、血行が促進されて起こるのです。

つまりカマグラゴールドとお酒には同じ作用があるという事。

カマグラゴールドの服用前後に飲酒すると、血管拡張・血行促進作用が増強され、普段よりもお酒の回りが早くなります。

普段では酔わない程度の量であっても、酔っぱらってしまう可能性があるのです。

アルコールで勃起効果がダウン!?

「酔っぱらってしまうくらいなら、大した事なさそう・・」
と思ってしまいますよね。

ところがこれがカマグラゴールドの効果に影響を与える事もあるのです。

EDでなくても、酔い具合によっては勃起がしづらい状況になる時もあります。
これはアルコールが脳に影響を及ぼし、勃起の指令を伝える伝達神経が麻痺するからです。

カマグラゴールドの影響により酔いが回りすぎて、薬の効果をダウンさせる可能性が高いでしょう。

血圧の低下を招くおそれも

血管拡張と血行促進の作用が増強される事によって、酔いが回りやすくなるだけではなく、低血圧によるふらつきがでる可能性があります。

もともと血圧が低い人はますます注意が必要です。

だけど飲酒にはリラックス効果もある

だけど飲酒にはリラックス効果もある

カマグラゴールドの効果を発揮するには飲酒は避けた方がベターですが、お酒にはリラックス効果もあるので、適切な量であればEDに対して有効です。
ストレスや緊張などからくる心因性のEDである場合、少しのお酒が気持ちを落ち着かせ、セックスをスムーズにしてくれる場合があります。
飲酒をする場合はくれぐれも量に気をつけ、上手く利用していきましょう。