カマグラゴールドとバイアグラの併用禁忌薬は同じ!投薬中の人は要確認!

バイアグラジェネリックのカマグラゴールドは、有効成分が同じシルデナフィルであるために、バイアグラと同じ併用禁忌薬が存在します。
併用禁忌薬とカマグラゴールドを一緒に摂取すると、以下の危険性が。

・持病に対する薬の効果が下がる(持病の治療の妨げ)
・薬の作用を増強させてしまう(副作用が強くでる)
・最悪、命を落とす場合もある

このような事態にならないためにも、併用禁忌薬はチェックしておかなければなりません。

カマグラゴールド(シルデナフィル)の併用禁忌薬

カマグラゴールド(シルデナフィル)の併用禁忌薬

併用禁忌薬は現在投薬中の方だけでなく、カマグラゴールドを使用する人全員が知っておく必要があります。
将来的に併用禁忌薬にお世話になる人もなかにはいるかもしれないからです。

カマグラゴールドの併用禁忌薬は以下の薬剤になります。

・硝酸剤及びNO供与剤
ニトログリセリン
亜硝酸アミル
硝酸イソソルビド
ニコランジル等
降圧作用が増強される可能性
・抗不整脈剤
アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
QTc延長作用が増強する可能性
・sGC刺激剤
リオシグアト(アデムパス)
症候性低血圧を起こす可能性

・硝酸剤
硝酸剤は主に狭心症の治療に用いられる薬剤。内服薬のほかに張り薬、吸入薬、塗り薬、スプレーなどありますがすべて併用禁忌です。
併用すると過度の血圧降下により、命の危険に繋がります。

・抗不整脈剤
抗不整脈剤は6つに分類(Ⅰa、Ⅰb、Ⅰc、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ)されています。
シルデナフィルはⅢのアミオダロン塩酸塩、アンカロン錠が禁忌とされ、併用すると心臓の鼓動に異常を起こす可能性があるため危険です。

・sGC刺激剤
肺動脈性肺高血圧症、外科的治療不適応、または治療後に再発・残存した慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療に使われるsGC刺激剤。カマグラゴールド同様血管拡張作用があるため、薬の作用が増強し、過度に血圧が効果する恐れがあり、命の危険に関わります。

併用禁忌薬だけではない!カマグラゴールドの併用注意薬

以下の薬を投薬中の人はカマグラゴールドを自己判断で飲んだりせず、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

・チトクロームP450 3A4阻害薬
(ケトコナゾール、リトナビル、サキナビル等)・チトクロームP450 3A4誘導薬
(ボセンタン、リファピシン等)・降圧剤・α遮断剤・カルペリチド

通販でED治療を行なうからこそ

通販でED治療を行なうからこそ

通販でカマグラゴールドを購入し、ED治療を行なうのは自己責任もと行なわれます。

併用禁忌薬を投薬中の人が知らずに服用して、体に悪影響、あるいは死亡した場合、誰に対しても責任を追及する事ができせん。

知らなかったでは取り返しのつかない事にならないように、注意しましょう。